自家用車の査定額を損をせずに高くするのには、、自動車を売る時期タイミングというものも影響があります。こちらから店まで自動車で行って買取査定をしなくてもインターネット上で車買い取り店で中古車の売値査定調査をしたら、たいした時間も掛からず査定を概算見積りすることができますが、所有する自家用車をちょっとでも高額で売ろうと考えれば注意するべきポイントがある訳です。どういったものが挙げられるかというとひとつに走行距離が挙げられます。走行距離イコール、自動車の耐用年数と見られることも多くありますので、実際の走行距離が長ければ長いほど、買取査定の際にはマイナス材料となります。何kmくらいの走行距離で売るのが望ましいかというと、中古車の査定が変わってくるのは5万キロと言われていますからその距離をオーバーする前に見積もりを頼んで売ってしまうのがベストと思われます。こういったことは実際自動車を買取業者に売却に出す際も重視される小さくない注意点です。現実に実行したらたいへんよく分かりますが中古車は放っておかずに走らせることでコンディションを維持しますからあまりにも短い走行距離の車だと、故障が起きやすいとみなされることもあると思います。普通は年式が新しければ新しいほど査定には有利なのですがごく稀にその年式の車にプレミアが付いている車は古い年式の車でも高く査定されることもあるのです。同じ車種で同一の年式でも、その年にマイナーチェンジ、モデルチェンジがなされている車は、当然、その仕様で査定額は異なります。きっちり理解しているというような人がたくさんいるだと思っていますが、年式も、自動車の買取査定の大きなポイントです。